【SEO対策|URL正規化】.wwwやhttps(SSL)の有無を統一する方法

 2019年12月27日
WordPress
この記事のURLとタイトルをコピーする
今運用されているホームページ。
どのURLでアクセスできるか確認したことはありますか?

wwwはつくのか、つかないのか。
httpとhttpsの両方でアクセスできるのか、できないのか。

今回はURLを正規化する理由と、対応方法の備忘録です。


なぜ、URLの正規化をするのか

例えば、当サイトの場合。
・ otamunote.com
・ www.otamunote.com
両方のURLで表示できてしまう場合、正常にインデックスされない可能性があります。
クローラーが重複コンテンツとして認識されてしまい、インデックスされるのに時間がかかる場合もあります。

現在URLの正規化は、SEO対策で求められています。
正規化をする方法を確認していきましょう。

URLを正規化する方法

URLの正規化は、301リダイレクトして行います。
  • ・wwwの統一をする
  • ・SSL化の統一をする
の2通りを確認しましょう。
.htaccessを編集しますので、必ずバックアップをとってから行います。

wwwの統一をする

wwwありから「http://example.com」にする
wwwなしから「http://www.example.com」にする
wwwありから「https://example.com」にする
wwwなしから「https://www.example.com」にする

SSL化の統一をする

httpから「https://example.com」にする
httpsから「http://example.com」にする
index.htmlありから「http://example.com」にする

さいごに

URLの正規化は、SEO対策のひとつです。
サイトを検索エンジンの上位にあげるには、必ずSEO対策が必要になります。

今回は大まかに2通りの方法を書きました。
  • ・wwwの統一をする
  • ・SSL化の統一をする
複数のURLで表示できてしまうと、クローラーがしっかりに読み取れず、正常に検索エンジンに表示されるまで時間がかかる可能性もあります。
ユーザーにちゃんと届けるためにも、URLの正規化は早い段階で対応しておきましょう。
この記事のURLとタイトルをコピーする


share