【WordPress】使いこなしたい条件分岐(if文)のまとめ

 2019年9月27日
WordPress
この記事のURLとタイトルをコピーする
WordPressには、たくさんの条件分岐のタグが用意されています。
これらのタグを使うことで、「トップページにだけ表示させる」や「PCとモバイルで表示を変える」などの指定をすることができるようになります。

今回は私がよく使う条件分岐のタグをまとめてみました。

条件分岐とは?

条件分岐は、「指定された条件に合うか、合わないか」を判断し、その判断に応じて処理を実行させることができます。
これを使うことにより、同じテンプレートでも異なる条件での適用で、全く違う見栄えにすることも可能です。

まずは基本的な条件分岐の書き方を確認しましょう。

条件分岐(if文)の基本的な書き方

条件分岐は、PHPというプログラミング言語で記述します。

elseは省略して書ける

例えば、「条件に当てはまるときにだけ表示し、その他では一切表示させない」というときです。
elseを書かなくていいので、コードもすっきりと見やすくなります。

elseifで分岐条件を細かく指定できる

複数の条件で細かく設定することもできます。
1つ目のif(条件)に当てはまらないとき、2つ目のelseif(条件)で判定してくれます。
elseifはいくつ設定しても大丈夫です。

「!」は「〇〇でないときに」という意味

条件の最初に「!」をつけることで、「その条件に当てはまらない場合」の条件分岐を判定することができます。
上記のis_pageは、固定ページを意味しています。
「固定ページ以外の場合」という判定で、任意の内容を表示させることができます。

よく使う条件分岐

ホーム(トップページ)だけ

2ページ目以降だけ

固定ページだけ

上記では投稿IDを使ってページ指定していますが、他にもスラッグを使って指定することも可能です。

投稿ページだけ

上記では投稿IDを使ってページ指定していますが、他にもスラッグを使って指定することも可能です。

固定ページもしくは投稿ページだけ

アーカイブページだけ

カテゴリーページだけ

特定のカテゴリーページだけ
特定した複数のカテゴリーページ

タグ別ページだけ

特定のタグページだけ
複数のタグページ

検索結果のページだけ

404ページだけ

覚えておくと便利な条件分岐

作成者ページだけ

特定の作成者ページだけ

カスタム投稿のアーカイブページだけ

特定のカスタム投稿のアーカイブページだけ

カスタムタクソノミーのページだけ

特定のカスタムタクソノミーのページだけ

アイキャッチ画像の差し替え(No Image)

アイキャッチ機能を有効化する
アイキャッチ機能を使うには、一度有効にさせる必要があります。
function.phpに、以下のコードを追加します。

モバイル(スマホ・タブレット)だけ

まとめ

カスタマイズで使うことの多い条件分岐は、使いこなせるととても便利なタグです。

今回まとめた条件分岐タグは一部で、他のタグはWordPressの公式ドキュメントに記載されています。
興味のある方は、ぜひ確認してみてください。
この記事のURLとタイトルをコピーする


share