【ブログ初心者必見】WordPressと無料ブログどちらがおすすめ?

 2019年6月15日
WebTool
この記事のURLとタイトルをコピーする
ブログを始める際、「どうやってブログを開設しよう…」と一度は悩んだことはありませんか?
始める方法は、主に以下の2通りです。
  • ・無料ブログに登録して始める
  • ・WordPress(ワードプレス)をインストールして始める
無料ブログは、費用0円で簡単に運用できるので初心者でも入りやすいです。 一方WordPressは、ブログを始めるための費用や手間が少しかかりますが、デザインのカスタマイズ性や長期的なSEOにとても優れています。 結論からお伝えすると、私個人のおすすめはWordPressです。
理由も含め、無料ブログとWordPressどちらが最適か比較してみましょう。

無料ブログとWordPress(ワードプレス)

まずは無料ブログとWordPress(ワードプレス)、それぞれどんなものか確認しましょう。

無料ブログ

主な無料サービスは、はてなブログやFC2ブログ、アメブロなどが有名です。
ほとんどがIDとパスワードを登録するだけで始められるので、初心者でも手軽に運用できるのが人気の理由。

WordPress(ワードプレス)

wordpressは、ブログやホームページを作成できるソフトです。
一番の特徴はオープンソースのソフトで、導入や維持費が無料で運用できます。
オープンソースとは、ソースコードを商用、非商用の目的を問わず利用、修正、頒布することを許し、それを利用する個人や団体の努力や利益を遮ることがないソフトウェア開発の手法を意味する。
引用:ウィキペディア
オープンソースのソフトの中でも高いシェア率で、多くの開発者に使われているので、使い方のサイトや書籍がとても豊富です。
もし操作方法などで行き詰っても、すぐ解決方法を見つけることができます。

徹底比較、メリットとデメリット

無聊ブログとWordPress、それぞれのメリットとデメリットを比較していきます。

開設のコスト・手間

ブログ開設時に一番気になるのは「費用がどれだけかかるか」ではないでしょうか?

運営目的や予算などに応じて、使用するサービスも異なります。
これからブログを始めるのにどちらが最適か比較してみましょう。

無料ブログ

無料の範囲であれば、文字通りコスト0円で始めることができます。
ただ、無料サービスを使うことは「その会社のサーバー・ドメインを間借りする」というような感じです。

なのでデザインが決められていたり、広告バナーが表示されるなど、サービスの規則のもとで運用する必要があります。
(有料プランに上げると一部デザインのカスタマイズが可能になったり、広告が非表示になる場合があります。会社によってサービスが異なるので、確認してから契約をしましょう。)

ほとんどがIDとパスワードで登録でき、すぐに記事を書き始めることができるので、ブログを始めるハードルは低くなります。

WordPress

WordPressの導入自体は無料です。
ただシステムを入れるのに、サーバーとドメインを契約する必要があります。

契約会社やプランにもよりますが、私の契約で年間 サーバー約12000円、ドメイン約1500円です。

無料ブログと違い、自分のサーバーにブログを立てるのは「資産」になります。
極端に言ってしまえば、無料サービスは会社としてサービスを終えたらブログも閉鎖、一方自分のサーバーに立てれば一生の資産になるのです。

独自ドメイン

ドメインとは、サイトにアクセスするためのアドレス(住所)です。
http://~や、https://~から始まるサイトURLをさしています。

このドメインを個人で取得したものを独自ドメインといいます。

もしブログを運用する上で「将来的な収益化」を考えているなら、独自ドメインは重要な項目になるので比較していきましょう。

無料ブログ

無料ブログは、サービス会社からサーバー・ドメインを間借りしてブログを運用します。

個人でドメインを用意しない分手軽ですが、もし運用していたブログを引っ越す場合、当然ドメインを引き続き使用することはできません。
検索エンジンからの評価や、ブックマークやリンクなども引っ越しをすれば全てゼロからスタートです。

また、サービス会社側がサービス自体を終了すればブログも閉鎖、サービスの規約に違反すればアカウントを凍結され運用できなくなる可能性もあります。
サービス会社側の事情に引っ張られてしまうのは、懸念点のひとつでもあります。

WordPress

独自ドメインを個人で取得する必要があります。
そのため「個人の所有物」となり、運用する上で外部からの影響を受けることもありません

サーバー変更などでブログを引っ越す場合、ドメインごと引き継げるのでブックマークやリンクが切れる心配がなく、万が一URLが変更になっても301リダイレクトという方法で転送設定することも可能です。
もちろん検索エンジンからの評価も引き継げるので、環境が変わることなく長期で運用することができます

アクセス(集客)


ブログのアクセス(集客)とは、インターネット経由でサイトにユーザーを集めることです。

もし将来的にブログでの収益化を目指しているなら、「どれだけ集客できるか」が大事になります。
無料ブログとWordPress、どちらが集客しやすいか比較していきましょう。

無料ブログ

無料ブログには、初めから集客の導線が与えられています。
アメブロなどで「新着記事」や「人気ランキング」、「新しいブログ紹介」など見たことがあるひとも多いのではないでしょうか?

「アカウントを登録をする」「記事を書く」などのアクションをすると、上記の個所へ自動的にリンクがはられ集客の導線を作ることができます。
そのため開設初期でも、記事を見られる機会が増えるのがメリットです。

WordPress

WordPressは独立したサイトのため、集客の導線ゼロの状態からスタートです。
最初は私たちからアクションをしなければ、記事を書いても見られることはありません。まずは集客をするところから対策をする必要があります。

最近だとSNSで発信するブロガーも多いです。共通のフォロワーさんに向けてブログを発信をすることで、興味を持ってもらいやすく集客につながります。

またWordPressでもブログランキングに登録することは可能です。
ブログに興味がある方なら「日本ブログ村」や「人気ブログランキング」など、一度は聞いたことがあると思います。こちらに登録し、自分で被リンクを用意するのも大切な手法です。

最初は集客に苦戦するひとも多いですが、「集客=SEO」なのでブログを運用しながらSEOの知識を学べるのも将来性を考えるとメリットになります。

SEO効果

SEOという言葉を聞いたことはありますか?
SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。
引用:SEO基礎知識 [SEO HACKS]
簡単に言うと「検索結果のページ上位に、いかに自分のサイトを表示できるか」です。
上位に表示されれば集客にもつながります。そのための対策に取り組むことをSEO対策をいいます。

無料ブログ

ドメインは取得後の運用期間が長いと、検索エンジンからの評価も高くなります。
そのためブログを新たに開設したとしても、「運用期間の長いドメインを借りて運用」するため、開設時のSEOは有利です。

また無料ブログは被リンクからの集客の導線を与えられており、一定のアクセス数を得られることも高評価を得られる理由のひとつです。

ただ、借りているドメインのドメインパワーが落ちてしまうとブログのSEOにも影響が及びます。
検索エンジンの評価に影響があるとされている
  • ・ 多数の広告表示
  • ・ 様々なブロガーがいるので、低評価のコンテンツと判断されやすい
など、自分で制御できない部分で評価を下げられてしまう可能性もあります。

あくまでも「サービス会社のドメインを借りている」というニュアンスなので、自分でSEO対策ができないのは、運用目的によってはデメリットになりかねません。

WordPress

取得直後のドメインは、検索エンジンの評価も低く、すぐに検索結果の上位にあげるのはなかなか難しいです。

ですが、WordPressは自分でSEO対策を行うことができ、さまざまなプラグインを使用して検索エンジンの評価を上げることが可能です。
Googleにサイトマップを送信したり、表示の高速化、画像の圧縮など、サイト運用の目的に合わせた柔軟なSEO対策ができます。

そのため、1年ほど経過すれば新規で取得したドメインも評価がつきやすく、順位も大きく上昇しやすくなるでしょう。

収益

ブログは趣味で始める方もいれば、稼ぐことを目的に運用する方もいます。

一体、ブログでどのように収入を得るのでしょうか?
主な方法として、以下があげられます。
  • ・ Google AdSense(グーグルアドセンス)
  • ・ Amazonアソシエイト
  • ・ アフェリエイトASP
これらは一部にしかすぎませんが、ブログで収益化しているブロガーさんのほとんどが、上記のサービスを利用していると言っても過言ではありません。
無料ブログとWordPress、どちらが稼ぎやすいかを比較します。

無料ブログ

一番の懸念点は、サービス会社側で強制的に表示させている広告です。
無料ブログだと、この広告を非表示にすることはできません。

せっかく自分で広告で設置しても、サービス会社側の広告をクリックされてしまうと、もちろん私たちには収益はありません。長期的な収益化を考えているなら、この広告は必ず邪魔になってきます。

また、そもそもの規約として商用利用を禁止している無料ブログもあります。

上記は有料プランを契約することで改善する場合もありますが、無料ブログは無料で手軽に始められるのが最大のメリットです。
初めから収益化を考えているなら、サービス選びを慎重にするか、私自身としては無料ブログはおすすめしません。

WordPress

WordPressはサーバーやドメインで費用が発生しますが、最大のメリットは「自由なこと」です。

当たり前ですが、サービス会社に登録しているわけではないので規約に縛られることなく、自分の好きな方向性でブログを始めることができます。
商用利用も可能で、私たちの収益に弊害になるようなものの一切ありません。

少しでもブログで稼ぐことを考えているなら、断然WordPressがおすすめです。

まとめ

無料ブログとWordPress、さまざまな角度から比較してみましたがいかがでしょうか?
それぞれメリット・デメリットはありますが、一番は「どんな目的でブログを運用したいのか」です。

特に集客やSEO対策などを考えず、日記のように出来事をひたすら書きとめるだけなら、無料ブログでもいいと思います。

もし将来的な収益化を考えるなら、WordPressにすべきです。
開設時すぐの集客は無料ブログよりも苦労する可能性が高いですが、WordPressはSEOにとても優位であり、カスタムも自由にでき、手を加えれば加えるほどブログを成長させることができます
なにより、WordPressは「自分の資産」です。収益源を自分の所有権として置けるのは、かなりのメリットです。

以上ののことから、「お金を稼ぐためのブログを運用するならWordPress」「個人でとどまるなら無料ブログでも可」が私の結論です。
この記事のURLとタイトルをコピーする


share