【Illustrator】テキストツールで自動生成されるサンプルテキストを非表示にする

 2019年9月9日
Adobe
この記事のURLとタイトルをコピーする
最近、Illustrator(イラレ)にがっつり触れる機会がありました。

私が普段使うソフトと言えば、PhotoshopやFireworksがメイン。
Illustratorは、画像の書き出しかグラフを作成するのに半年に1回開くか開かないか程度…。

今回Illustratorに触れ、戸惑ったことがあったのでその備忘録です。

唐突に表示される「山路を登りながら」とは

Illustratorの文字ツールでテキストを入れようとすると、それは突然現れました。
「山路を登りながら」という謎の文章。
初めての現象で、それはもう焦りました。
しかもテキストボックスを作成すると、長文で現れるではないですか。
どうやら標準のサンプルテキストで設定されており、テキストエリアが迷子にならないように自動入力されるようです。
でも毎回毎回、これを削除して文字を入れるのは手間ですよね。

サンプルテキストの自動入力を解除する方法

サンプルテキストを非表示にする方法です。
環境設定から簡単に設定することができます。

「編集」 > 「環境設定」 > 「テキスト」でウィンドウを開きます。
下の方にある「新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付け」のチェックを外し、左下の「OK」ボタンをクリックします。

これで完了です、簡単ですね。

まとめ

小さなことだと不快を感じてもそのままにしがちですが、サンプルテキストを非表示にすることで、個人的に操作がかなり快適になりました。
使い慣れている環境に近づけると、制作のパフォーマンスも上がりやすいです。

私と同じように不要だと感じている方がいれば、ぜひ試してみてください。
この記事のURLとタイトルをコピーする


share